投資

【FX運用実績】2020年12月30日の結果 ゼロカットシステム発動【is6FX】

f:id:satokibi6:20201230073018j:plain

2020年12月30日のFXの備忘録です。
ついにやらかしてしまいました。
ゼロカットシステム発動です。
見事にお金を溶かすことになってしまいました。

f:id:satokibi6:20201231114031j:plain

国内FXであれば追加で約30,000円を追加で入金しないといけないのですがis6FXや海外FXではこの点はなくゼロカットシステムといって「追証」が存在しないのでありがたい制度です。

「追証」とは追加証拠金制度といい、不足した証拠金を追加しなければいけない制度です。証拠金維持率が100%を下回ると証拠金の追加を求められます。
「証拠金」は担保のようなものです。

 

ゼロカットシステムとは

強制ロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスとなってしまった場合に、そのマイナス分をFX会社が負担してくるシステムになります。

強制ロスカットとは証拠金維持率が一定の割合を下回ると強制的にポジションを決済する機能です。

f:id:satokibi6:20201231133325j:plain

図でいうところの818.77%になります。
ここが50%になると強制的に決済します。

何故肩代わりしてくれるのか

FXの仕組みとして基本的にトレーダーからの注文をすぐにオンライン上に送ってはおりません。一旦FX会社のディーリングデスクというところで処理をする仕組みとなっております。
一度ワンクッションを置くことによりトレーダーが口座資金以上の損失を出してしまっても自社内で迅速に処理することが可能になっております。
仮に、トレーダーからの注文をそのままオンライン上に送ってしまうとFX会社が損失を負う必要があるため、ゼロカットシステムの適用が難しくなるということになります。

 

f:id:satokibi6:20201220143838p:plain

メリットは?

一番のメリットは「多額の借金を負うことがない」ことにつきます。
2019年1月3日に急な円高にシフトしたことにより追証や含み損を抱える人が頻発したことは有名です。
海外FX会社側が負担してくれるので極論、口座残高がマイナス100万円になっても追加請求されることはないのです。ある程度の証拠金以上のお金を入れていないとここまではならないのですが心配は軽減されます。

逆にこのメリットを活かして大きな利益を狙えるチャンスが増えるので挑戦しやすいことにもつながります。

 

デメリットは

トレーダーにとっては大きなデメリットは存在しません。
これは安心して取引を行ってもらうための措置なので不利益がないようにしているそうです。
リスクとしては悪用した場合は口座凍結のリスクがある。
何回もゼロカットシステムをしている場合とかに起こるのか定かではありませんがスキマをついたような悪用は基本はやってはいけません。

国内FX会社は顧客から預かった証拠金を自社の資産と区別して保管する「信託保全」が義務付けられております。万一、会社が破綻しても顧客の資産は守られることになっています。金融商品取引業者の登録が国内FX会社では義務付けられております。
海外FX会社はこの規制がかからないので万一破綻した場合は資金を引き出せなくなる恐れがあります。
これを防止するために基本的にリスク管理は徹底はされておりますが過去にリーマンショックでFX会社のゼロカットシステムの負担額が内部留保を上回り、数多くのFX会社が破綻した例があります。

is6FXに関しても高額な取引をしたい場合などは事前承認制度を設けており対策はしているようです。

 

海外FX会社が導入する理由

スプレッドが国内取引業者より割高になります。
スプレッドとは買う時の金額と売る時の金額の差額となります。
基本的に国内FX会社は例えば楽天証券のFXだとドル/円が0.2銭に対してis6FXでは1.6銭です。約8倍の差があります。

国内FXが導入しない理由

「顧客の損失の全部または一部を補填する」行為は金融商品取引法によって禁止されているため国内FX業者はゼロカットシステムを導入することができないことになっています。

f:id:satokibi6:20201220143838p:plain

2020年12月30日結果

f:id:satokibi6:20201231143142g:plain

一度ボーナスポイントは溶かしてしまい、追加でクレジットカードで追加入金しました。31日の朝方に2ポジションを決済してプラス収益になりました。
月に1回だけ出金手数料はかからないので1万円出金手続きしてみました。
海外FX会社は出金できないことがあるというのでちょっと心配はありつつ試しに処理してみました。月1で出金できるようにはしていきたいと思います。
証拠金は一定の金額をキープした状態にしてみます。

先日、購入したこの書籍を現在熟読中です。
ほぼ見様見真似から始まって試している最中です。
現在は「平均足」と「MACD」という指標を使って処理しています。
基本的にスマホで処理するのはまだ早かったというのが率直な意見です。
ただ、スマホもPCと同じような設計にすればよいとは思いますのでチャレンジ中です。

12月31日に23時まで処理はできますのでそれまでは粛々とチャートを見ながら勉強とエントリーをしてみたいと思います。
確実に年越しのポジション持ちはしないようにしておきます。
前回はラッキーパンチでしたので。根拠を持った処理ができると今後には役立ちそうです。

ランキングに参加しております。応援してもらえると励みになります。

にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

私が利用している海外FX業者 3選

GEMFOREX

日本人が設立した海外FX業者。定期的にボーナス企画もあり充実した業者様

XMTRADING

最大手で老舗の海外FX業者!実績や情報が多くあり安心感。また日本人による応対もあり対応のレスポンスも大丈夫。取引するたびにもらえるボーナスポイントも活用できるのも魅力

is6FX

2020年10月にis6comから管理会社が移行して刷新。レバレッジが1000倍とXMよりも高倍率でエントリー可能。様々なボーナスや企画をしており常に挑戦的。ゼロカットシステムなど海外FXを遺憾なく発揮できる業者!

-投資