投資

【FXの確定申告】赤字でも確定申告したほうが来年以降がお得!?申告分離課税

f:id:satokibi6:20210101144928j:plain

年が明けるとやってくるのが確定申告になります。
だいたいの人は会社で年末調整をするので不要かと思います。
FXなど副業を始める人が多くなってきた昨今ではさらに確定申告をする人も増えてくると思います。
わからないながらも調べてみました。
適切な方法で節税対策をしていきたいものです。

FX(外国為替証拠金取引)で得た利益は「先物取引に係る雑所得等」として申告分離課税の対象となります。
所得税の課税方法には「総合課税」と「分離課税」の二つが存在します。
副業の種類にもよりますが事業を始めた収入(事業所得)とサラリーマンとしての給与(給与所得)は合算して合計額に対して累進課税(税率が段階的に上がる)によって所得税の計算をします。
FXに関してはこれの適用がなく、他の所得と合算せずに問答無用で決められた税率をかけて所得税を計算します。

 

ただし、FX以外の投資信託などをしている人はみたことがあると思いますが特例として「源泉分離」課税を選べることができます。
FXにはこの制度はないのですが、これは事前に証券会社が給与の所得税と同じように天引きしてくれる制度です。この場合は確定申告が不要となります。「特定口座の源泉徴収口座」の指定が必要です。
ただし、この制度を使っていても他にも複数口座があって損益を通算したい場合や損失を翌年に繰越をしたい場合には合算してもOKになります。

 

FXにかかる申告分離の税率は一律 20.315%になります。

内訳は 所得税 15% + 住民税 5% +復興特別所得税 0.315%

になります。

収入の2割をもっていかれるのはきついですし税金を支払えるように準備しておくことが必要です。

年間の損益がでていなくて申告や納税の義務がなくてもあえて確定申告をしておくことでその赤字を翌年以降3年間にわたって利益から控除できることが可能です。

 

海外FXは申告分離ではなく総合課税に該当します。
稼げば稼ぐほどに税率は上がることになります。

ランキングに参加しております。応援してもらえると励みになります。

にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村

私が利用中の海外FX業者はこちら

XMTRADING

最大手で老舗の海外FX業者!実績や情報が多くあり安心感。また日本人による応対もあり対応のレスポンスも大丈夫。取引するたびにもらえるボーナスポイントも活用できるのも魅力

isFX

2020年10月にis6comから管理会社が移行して刷新。レバレッジが1000倍とXMよりも高倍率でエントリー可能。様々なボーナスや企画をしており常に挑戦的。ゼロカットシステムなど海外FXを遺憾なく発揮できる業者!

-投資

© 2021 satokiblog Powered by AFFINGER5