雑記

【雑記】ジャパンネット銀行からPayPay銀行へ社名変更へ

銀行口座をいくつ持っていますか。
ネット銀行は口座開設は簡単できたりするので増えていくものです。
副業関係の収入は全て「楽天銀行」をメインに使っています。
一応、ここに集約することで確定申告する際、わかりやすいので。
以前も記載しましたがやっと「楽天カード」の引き落としは楽天銀行からの引き落としができるくらいにお金が入ってくることになりました。
これも一重にFXの収入を定期的に出金していることになります。

f:id:satokibi6:20210320091502j:plain

さくさくと上記の借金も返済したいものです。
ときたま再集計して戒めにしたいと思います。
(でも、近々新しいFX口座に入金する予定ですが)

そんな中、スマホがソフトバンクなので始めたPayPayですが何気に順当にお金が積み上がっています。

f:id:satokibi6:20210320092038j:plain

金融機関の金利より全然いいです。これもボーナス分の積み上げなのでいいところです。最近ではLINEとの統合でお祭りのようにボーナスポイントが積み上がります。また、セブンイレブンアプリとの連携でセブンイレブンでの支払いでもポイントがつきます。nanacoカードの情報をそのままスマホに移行できると便利なのですがこれができず新規発行が増えていくのがイヤなのでやめています。
いろいろなイベントごとが盛んなPayPayですが今回はジャパンネット銀行の開設促進イベントを開催しております。
2021年4月5日より「PayPay銀行」に社名変更になるためです。
利便性がどうなのか調べてみました。また、今利用しているネット銀行との比較もしてみました。

各ホームページを抜粋して対比していきます。

スマホ決済との連携が便利

トップページ上で各社スマホ決済との連携が用意にできるそうです。
当然、「PayPay」はできますがそれ以外にGooglePay、LINEPay、メルペイに対応できると書いてあります。
今、現在私は入出金のメイン口座としているのが「セブン銀行」になります。
PayPayと連携しているのでチャージは簡単できるので本当に現金を使う機会が減りました。ただ少額でもチャージするので履歴がだいぶ長くなってしまうという点があります。

ATM手数料は意外と優秀!?

デフォルトの場合だと

毎月最初の1回目は入金も出金も0円とのことです。
2回目からの出金は3万円いじょうだと全て0円
出金だと

セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、イーネット、三井住友銀行は165円

ゆうちょ銀行は330円

とのことです。

現在使用しているセブン銀行は7時から21時までは手数料はかからないです。
副業収入の楽天銀行はこの点はジャパンネット銀行と似ていて3万円以上だと手数料は
入出金は0円。3万円未満は所定の回数が無料という仕組みになります。
楽天グループだと諸々の取引で楽天ポイントや特典が多いのが特徴なので無闇やたらにお金の出し入れをしないのであれば楽天銀行で十分かなと感じたりもします。

ところが前月の預金平均残高が3,000万円以上の場合はこの手数料がだいぶ優遇されます。
初回の0円はそのまま2回目以降も0円になるとのこと。(ゆうちょ銀行だけは3万円未満は330円)の縛りは残っています。
最初3,000円と思っていましたが万が付いていました。

振込手数料の比較

次は振り込み手数料の比較です。

3万円未満は176円 3万円以上は275円 となっています。
ここでも先ほどの前月の預金平均残高が3,000万円以上だと

月5回までは0円となり、6回目以降は通常通りの金額がかかることになります。

比較するのが楽天銀行とセブン銀行ですが

楽天銀行はさきほども書いたようにランクごとに無料振込回数が決まっています。
私はだいたい2回くらいが無料です。
それ以降は3万円未満 168円 3万以上 262円になります。
この点を考えるとジャパンネット銀行のほうが良さそうです。PayPayとの連携を考慮しても。

セブン銀行はセブン銀行間は一律55円、それ以外は一律220円になります。
少し割高感は否めませんがどれくらいの出金するかにもよりますね。

まとめ

現金4,500円もらえるのでジャパンネット銀行はちょっと開設してみようと思い調べてみました。
実際のところは楽天グループのポイントや各証券やウォレットと連携している点が魅力的に感じています。利便性が高い点があるので出金も3万円以上にしておけば問題なさそうな気もしています。
(追記)無事に条件クリアになり4,500円が入金される運びとなりました。
入金したあとにすぐに出金しても問題ないこともわかりました。月末に残高があることということは条件にはなかったので問題はなさそうです。銀行としては保有財産が多いに越したことはないと思いますが。

私が利用中の海外FX業者はこちら

XMTRADING

最大手で老舗の海外FX業者!実績や情報が多くあり安心感。また日本人による応対もあり対応のレスポンスも大丈夫。取引するたびにもらえるボーナスポイントも活用できるのも魅力

isFX

2020年10月にis6comから管理会社が移行して刷新。レバレッジが1000倍とXMよりも高倍率でエントリー可能。様々なボーナスや企画をしており常に挑戦的。ゼロカットシステムなど海外FXを遺憾なく発揮できる業者!

-雑記

© 2021 satokiblog Powered by AFFINGER5