暗号資産

【暗号資産】分散型取引所(DEX) パンケーキを焼き始めた

2021年7月も梅雨明けをして夏本番になり暑い日が続いています。
コロナウイルスに関しては依然として終息の気配も見えずインフルエンザ同様に共存するのもまだ先のような気もします。

最近の投機案件に関してもボチボチ進めているような状況です。
FXに関しては毎月出金はしていますが頭を使うのでなかなか不労所得とは呼べない感じにもなりつつあります。(肉体労働以外は基本的に頭を使うと思いますが)
ただ、世界経済など色々なところに目を向けるようになったのはプラスに捉えています。

今回は暗号資産のなかでも少し前に流行った「パンケーキスワップ」を始めてみたのでその点を書いてみたいと思います。
まだまだ勉強不足もあると思いますがその辺はご了承くださいませ。
また、投資を煽るつもりの促進記事でもございませんのでお気をつけ下さい。投資、投機は自己責任でお願いも申し上げます。

DEX(分散型取引所)

パンケーキスワップというのは暗号資産の取引所のことです。取引所はビットフライヤーやコインチェックと同じ取引所になります。
ここで暗号資産の交換を行ったりと取引の場を提供してもらっています。似たようなもので「コンパウンド」や「スシスワップ」というのもあります。

ビットフライヤーなどとの違い

DEX(分散型取引所)と呼ばれる理由としてビットフライヤーなどのことを「集権型取引所」と言います。
集権型取引所との対比として「分散型取引所」DEXが存在します。
最大の違いは「管理者」がいるかどうかの違いになります。
ビットフライヤーやコインチェックは株式会社bitflyerなどの日本法人など運営元が存在しています。
この点、DEX分散型取引所には管理者が存在せず、プラットフォーム(取引所)を提供するだけとなります。
(実際にはこのプラットフォームを作成した人たちが存在し、バグなどのエラーを改修しているので完全な管理者不在ではないと思います)

全てが自己責任で対応

さきほど記載したようにビットフライヤーなどには管理者が存在するので何か失敗したとしても問い合わせ先があるのでリカバリーが効くことがあります。
その点、このDEXにはそういった問い合わせ先がないので自己責任の度合いが格段に上がります。一番は誤送信などになります。
これに関してはどちらも対応できない恐れはあるので常に慎重さを求められます。

私が利用中の海外FX業者はこちら

XMTRADING

最大手で老舗の海外FX業者!実績や情報が多くあり安心感。また日本人による応対もあり対応のレスポンスも大丈夫。取引するたびにもらえるボーナスポイントも活用できるのも魅力

isFX

2020年10月にis6comから管理会社が移行して刷新。レバレッジが1000倍とXMよりも高倍率でエントリー可能。様々なボーナスや企画をしており常に挑戦的。ゼロカットシステムなど海外FXを遺憾なく発揮できる業者!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

satokibi

ご興味持って頂きありがとうございます。 現在30後半の男性です。 会計事務所勤務です。 流石に給与は頭打ちになり副業として色々と投資しながらやっています。 現在続いているもの ・ブログ→アフィリエイト→FX、暗号資産 細々と続けています。

-暗号資産

© 2021 satokiblog Powered by AFFINGER5